100本映画

100本映画関係の記事を書くまでやります

今だから観たい!『網走番外地』

f:id:fmodatetu1971:20180928220635j:plain

 

作品情報

1965/92分
監督、脚本: 石井輝男
出演: 高倉健丹波哲郎田中邦衛南原宏治嵐寛寿郎、以下略

 

あらすじ

北海道・網走刑務所に服役中のヤクザ橘真一(高倉健)は、母恋しさゆえに仲間と手錠につながれたままの脱走を謀り、ふたりで冬の雪原をさまよい続ける…。
高倉健の人気を不動のものとした、石井輝男監督による大ヒット・アクション映画。そもそもは2本立映画の添え物として製作されたにもかかわらず、メイン作品を食う評判となって急きょ続編が製作され、いつしか東映の屋台骨を支える大ヒット・シリーズとして正編が10本、その後も監督を変えての新シリーズ8本が作られている。(以上、Amazonより。)

 

予告編

youtu.be

 

白黒映画だからこそ映える雪景色


舞台は冬の北海道。一歩入り込めば腰の高さまで埋まるほど深く積もった雪に囲まれながら、受刑者たちが彼らなりのやり方で過ごす様子を、若き日の高倉健を主役に丹波哲郎南原宏治田中邦衛、嵐勘十郎といった面々がわきを固め、ときにコミカルに、ときにシリアスに描いた作品です。この映画が撮影された当時は、すでにカラーで映画が取られていたものの、会社の命令で白黒で”撮らされた”らしいのですが、それが雪の白さと受刑者たちの薄汚さを際立たせる効果を生み出し、作品に独特の雰囲気を与えています。この映画がヒットしたため『網走…』はシリーズ化するのですが、個人的にこの映画が一番好きです。

 

画は最高! だけどストーリーは…


上にも書いたとおり、僕はこの映画の白黒映画ならではの雰囲気が好きなんですが、橘(高倉健)の馬鹿さがどうも好きになれないんですよね…。この橘って男は本当に馬鹿なんですよ! 作中で妻木(丹波哲郎)も叫んでますけどね。いくら故郷の母親が死にかけてるからとはいえ、あと半年で出所なんだからおとなしくやってればいいんですよ。いくら脱獄の主犯である権田と手錠で繋がれていたとはいえ、抵抗する余地はいくらでもあったはずですからね。結局橘が妻木に捕まってしまいますが、ラストシーンを観るに妻木は橘が脱走した件を許した感じになってましたね。ホントに丹波哲郎は器の広い男です。


完成度の高い脱獄エンターテイメント!


なんだかんだ言って、雪が降りしきる中このクオリティの映画を撮ったというのは脱帽ですよね! ストーリーこそハリウッドの超名作『手錠のままの脱獄』(1958)から拝借していますが、出演陣の豪華さや所々で流れる「網走番外地」がなんとも言えないいい味を作品にもたらしているところなんか僕は大好きですね。白黒だからといって躊躇せずに、この完成度の高い脱獄エンターテイメントを是非一度観ていただきたいです!