100本映画

100本映画関係の記事を書くまでやります

今だからこそ観たい『ファイト・クラブ』!

f:id:fmodatetu1971:20180925011858j:plain

 

作品情報
1999/139分
脚本:ジム・ウォールス
出演:エドワード・ノートンブラッド・ピット、ヘレナ・ボナム=カーター、以下略
あらすじ
不眠症に悩む若きエリートのジャック。彼の空虚な生活は謎の男、タイラーと出会ってから一変する。自宅が火事になり、焼け出されたジャックはタイラーの家へ居候することに。「お互いに殴り合う」というファイトにはまっていく二人のもとに、ファイト目当ての男たちが集いあうようになる。そして秘密組織"ファイト・クラブ"がつくられた!(以上、Amazonより。)
予告編
ポップなポスターの絵とは真逆のじっとりした映画
デヴィッド・フィンチャー監督は前作『SE7EN』において、人のつながりが希薄になった現代社会に対するアンチテーゼ的な映画を撮っています。『SE7EN』は終始画面が重いというか、暗いというか。じっとりとした雰囲気なんですが、今回のこの『ファイト・クラブ』も、ポスターのポップな感じと違って『SE7EN』以上にじっとりとしています。
「寝ろよ!!」(ネタバレ含みます)
前作が前作ですので、素直にこの『ファイト・クラブ』を現代社会に対するアンチテーゼ的映画と読み解くのであれば、監督が言いたいことはものすごくわかりやすいです。それは、
「ちゃんと寝ろよ!!」
っていうこと。シンプルです。
寝ないからパンダみたいなクマができるし、病気でもないのに「終活のつどい」みたいなところに通うし、二重人格者になっちゃうわけです。ブラッド・ピッドが幻覚として表れて、一緒に遊んでくれたり、相談に乗ってくれたりするんだったらサイコーでしょうけど、そうじゃなかったですからね。そのままピッドは「ファイト・クラブ」っていうヤバい奴らの軍隊作っちゃいますから。ノートンも体ボロッボロになるはずですよ。絶対友達になりたくないやつですよね。
まとめ
個人的にはもう少し短くてもよかったかなと思うんですけども、ノートンもブラピもヘレナも、主要登場人物の役者さんがみんな役にドはまりしてたので、作品としては最高の出来なのかなと思いました。