100本映画

100本映画関係の記事を書くまでやります

今だから観たい”インド産ベタベタヒーロー映画”

f:id:fmodatetu1971:20180921014451j:plain

クリッシュ(Krrish)』(2014)
 こんにちは、『ボヘミアンラプソディー』の公開が待ち遠しい僕です。今日取り上げたいのは、アマゾンプライムでなぜか急上昇していたインド映画『クリッシュ』。インド映画は『きっと、うまくいく』を観たことがあったので、どんな感じになるかある程度予想してはいたんですど、それを余裕で超えてくるパワフルな映画でした!
あらすじ
 舞台は現代のインド。国営の研究施設で働く父ロヒート、愛する妻プリヤとともに主人公であるクリッシェはムンバイで暮らしていた。そんな彼の正体は、助けを求めれば文字通り”飛んで”駆けつけるスーパーヒーロー「クリッシュ」! 彼のおかげでインドの街の平和は保たれていた。だがそんなある時、悪の天才科学者カールがインド中に致死性の細菌をバラまいたせいで、国中は大パニック。正義のヒーロークリッシュはカールを止めることができるのか?!
ヒーロー映画はベタであるべし!
 なんの前知識もなくこの映画を観ると、オープニング3分での超ザックリな背景解説ナレーションにびっくりするはずです。というのも、この『クリッシュ』には前作が存在するんです。『Koi... Mil Gaya』と『Krrish』。長いことで名高いインド映画二本分を冒頭3分弱で詰め込まれるわけですから、並みのざっくりさじゃないわけですね。だからと言って、いざ始まってみると前作の知識がなければ理解できないシーンなんて皆無なんで、観終わった後にさらに不思議な気持ちになりましたね。まあ、こういうところがインド映画っぽいといえばそうなのかもしれませんけど。
 ストーリーに関して言えば、一言で言っちゃえばベタです! マーベル好きな人はドはまりすると思いますよ、この映画。疲れた時に頭空っぽにしながら楽しめる映画なので、ぜひ見てみてください!