100本映画

100本映画関係の記事を書くまでやります

今だからこそ観たい”月世界旅行映画”7選!!

f:id:fmodatetu1971:20180919171429p:plain

はじめに

 ZOZOTOWNの前澤社長が、民間人で世界初となる月の周回旅行を計画していることらしい。 やはり月、宇宙っていうのはロマンがあるテーマだし、民間人最初が僕たちと同じ日本人というのはものすごく興奮する。「こんな時こそ、『ザ・プレデター』や『ヴェノム』にうつつを抜かしている場合じゃねぇ! 宇宙だ!!」、ということで、いままで観てきた中からおすすめの宇宙冒険映画を選んでみた。

1.ムーン(2009)

f:id:fmodatetu1971:20180919180949j:plain

 宇宙飛行士サム・ベル(サム・ロックウェル)は、月での3年間の業務を終え、愛する妻と子の待つ地球へ帰還しようとしていた。あと数日で迎えの宇宙船が来るというとき、いるはずのない人の気配を感じたサム。さらに、自分そっくりの男を発見してしまい衝撃の事実が…。
 1時間37分とコンパクトにまとまっているが、ただのSF映画で終わらないのがこの作品の面白いところ。人間とは何か、生きるとはどういうことなのかを考えさせられる映画。
2.ゼログラビティ(2013)

f:id:fmodatetu1971:20180919181037j:plain

 ライアン・ストーン(サンドラ・ブロック)はスペースシャトルエクスプローラー号」で医療技師を務める宇宙飛行士だった。ある時、一本の連絡が入る。「ロシアが破壊した人工衛星宇宙ゴミが高速で接近している!」。なんとか回避しようとするも、シャトルは破壊され、生き残ったのは彼女と指揮官のマット(ジョージ・クルーニー)だけだった。彼女たちは地球に帰ることができるのか!? 
 あのスピルバーグがその出来に嫉妬し、ジェームズキャメロンにさえ「史上最高のスペース・エンターテイメント」と言わしめたSFサスペンスの名作。原題は『Gravity』であるにもかかわらず、邦題でなぜか「ゼロ」を付け足されたというのは有名な話。
3.ザ・ムーン(2009)

f:id:fmodatetu1971:20180919181059j:plain

 「一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとっては大きな飛躍だ」。1960年代、アメリカ合衆国は宇宙計画でソビエト連邦に遅れをとっていた。ケネディ大統領の強い意志のもと、人類初の月着陸を目指してアポロ計画を発動させる。多くの困難と犠牲を乗り越え、1969年、ついにアポロ11号は月面着陸に成功する。そして全世界が注目する中、9機のロケットが月へと飛び立ち、12人が月面を歩いた。月から広大な宇宙を見渡した時、彼らが目にした“奇跡”とは?
 いまだ謎多き「アポロ計画」。実際に宇宙へ飛び立った宇宙飛行士の証言をもとに、いかに壮大かつ偉大な計画であったかを改めて再構築するドキュメンタリー作品。宇宙への関心が高まる今だからこそ知っておくべき過去の偉業だ。
4.アポロ13(1995)

f:id:fmodatetu1971:20180919181144j:plain

 1970年、第三番目の有人月面飛行のために出発したアポロ13号。発射は無事成功するものの、2日後に酸素タンクが爆発。果たして3人の宇宙飛行士は生きて帰ってくることができるのだろうか?
 上記「アポロ計画」において、伝説に残るアポロ13号の帰還劇を描いた作品。手に汗握るサスペンスSF。
5.アイアンスカイ(2012)

f:id:fmodatetu1971:20180919181202j:plain

 2018年、アメリカ。突如ニューヨーク上空に大量のUFOが舞い降り、街は破壊しつくされた。
 「何が起こってるんだ!?」
 実は、戦争に負けたナチスの残党が月の裏側に秘密の拠点を設け、来るべき日に向け極秘に兵器を開発していたのだった!!
 「ナチスは月の裏側で生き延びていた!?」というぶっ飛んだ発想のもと製作された映画。B級映画だとあなどることなかれ。緻密に描かれる拠点や宇宙船達は、この映画が並のSFコメディではないことを証明してくれる。だまされたと思ってぜひ観てほしい。
6.オデッセイ(2015)

f:id:fmodatetu1971:20180919181220j:plain

 近未来、火星に一人取り残されてしまったマーク(マッド・デイモン)。拠点に残されたわずかな物資をもとに、救助が来るまでの4年間を生き延び、地球へ帰還するまでを描いた作品。舞台こそ火星であるが、食料の確保や、嵐により不能になっていた地球との通信機器を直すまでの過程が丁寧に描かれており、ただのSF映画ではなく、サバイバルSF映画として楽しめる作品だ。
7.2001年宇宙の旅(1968)

f:id:fmodatetu1971:20180919181245j:plain

 言わずと知れたスタンリー・キューブリックによるSF大冒険譚。
 
SF映画というジャンルにおける一つの完成形だ。
 
説明はいらない。とりあえず観てほしい。
 
まとめ

前澤社長が出発するのは2023年らしい。すると、『2023年宇宙の旅』ということだ。だいぶ先の話だが、前澤社長には帰還後、スターチャイルド前澤として日本経済を引っ張ってゆく存在になってくれることを強く願う。