100本映画

100本映画関係の記事を書くまでやります

今だから観たい”ダメ男ゾンビ映画”

f:id:fmodatetu1971:20180919031946p:plain

 『アイアムアヒーロー』。監督、佐藤信介。主演、大泉洋。さえない漫画家の鈴木英雄(大泉洋)が、謎の奇病に侵された世界で生き延びてゆく過程を描いた物語であり、漫画の原作が存在する。
 何気なく観た作品だったが、予想以上にゾンビの演出が凝っているのに加え、大泉洋が役にぴったりハマっていたのもあり、かなり楽しめた。
 ただ、一つだけ気になったことがある。この作品の後半においてなぜか「脳無し大学生陸上部ゾンビ」がフィーチャーされていたことだ。あのゾンビのメイクに金がかかったのか、監督のお気に入りだったのかは不明だが、いい場面のゾンビは大体彼ばかりだったのがツボだった。特に、スーパーマーケットの屋上にあった非感染者たちのキャンプまで走り高跳びで乗り込む場面では、BGMで流れたクラシックの調べと重なり、「やっと届いたね」となぜか感慨深いものを感じてしまっている自分がいた。
 今後、より本格的に日本を舞台にゾンビ映画を作るのであれば、一切銃を持たない状態でサヴァイヴする映画があってもいいんじゃないだろうか。日本ならではの、例えば柔道の達人が次々とゾンビに一本背負いをかけていく映画なんて面白そうじゃないか。