100本映画

100本映画関係の記事を書くまでやります

字幕派か吹き替え派か-僕が最近邦画ばかり観る理由-

 

f:id:fmodatetu1971:20180917025612p:plain

 最近、吹き替えが絶対に許せない人が増えている。それは、たぶん、”大人の事情”ってヤツに映画が利用されていることが目に見えてわかるケースが増えているからだろう。そして、そういう人たちは決まって字幕映画を賛美し、邦画嫌いになる。だが、一度立ち止まって考えてほしい。「字幕で映画を理解した気になっているのか?」と。

 そんなもの、字幕も吹き替えもどっちも同じである。どちらも翻訳され、映画の尺に合うように編集される。その過程で、もともとのナマのセリフの要素を著しくそぎ落とされ、もはや別物のように加工され、あたかも”作品に忠実である”というふうに装い映画館で公開される。つまり、もともとセリフに存在した、ある種”鮮度”のようなものは、日本で公開されるすべての洋画にもはや存在しない。字幕や吹き替えの存在は、一つの映画を理解しようとする過程における雑念とさえ断言できるだろう。それらを通して映画を鑑賞することによって、製作者の思惑と異なる解釈をしてしまう危険さえあるのだ。

 では、何を観ればよいのか?

邦画を観よ、ということである。本当に見てほしい映画が日本にはたくさんあるというのに、その存在を知らない人が多すぎる。邦画のことをよく知らないのに「つまらなさそう」という理由で洋画しか観ない人たちが”字幕派、吹き替え派”というようなくだらない争いを生んでしまうのだ。改めてここに”僕は邦画派である”ということを宣言しておきたい。せっかく邦画を邦画のまま解釈できる能力を持っているのだから、それを生かさないのは非常にもったいない。邦画啓蒙のためにも、地上波で『日本の首領』のような作品を放送してもらいたいものである。