晴耕雨読

僕はいかにして効率的に人よりも充実な人生を過ごすことができるのか

村上春樹について

自己表現はお金になる。

 

いかに自分の内面をえぐり出すような作品を書けたかどうかで、その作品が面白いか決まるといってもいい。

 

創作するということになると、どうしても今までに読んできた小説なり文章をもとにして表現することになる。

 

だから、今までにどんな小説を読んできたかで、作風が決まってしまう。

 

そういう点で考えると、どうしても僕は村上春樹の影響を受けすぎてしまっているのだろう。

 

 

どの作品を読んでいても村上春樹っぽさを、村上春樹の雰囲気を感じることができるし、面白い。

 

ただ、村上春樹のあのままの作風を受け継いで文章を書き始めても、それは二番煎じになるだけだし、下手したらライトノベルのようなものにできあがってしまうかもしれない。

 

村上春樹がうまいのは、読みやすい文章で大学生がするような妄想をあらわしてくれるというところにあるんだろうな。

 

おわり。