晴耕雨読

僕はいかにして効率的に人よりも充実な人生を過ごすことができるのか

光陰矢のごとし

びっくりした。

 

こうやってブログをやろうといろいろ調べていたときから200日以上経ってしまっていたことに気づき、時の流れの速さ、残酷さ、下劣さに気づかされた。

 

何も考えずに生活している僕みたいな人間に、誰も何も言ってくれない。

 

自分から行動しなければ、自分が生きる意味さえ薄れてきてしまう。

 

なにもしないことが一番疲れることに辟易とする毎日。

 

約半年前の僕が書いた記事が4つほど残っていたから全部消した。

 

新しいことを始めようとする半年前の自分があまりにもうらやましくて、うらやましくて。

 

この半年間何もできなかった自分が憎くて、憎くて。

 

全部消した。

 

2人くらいそんな記事に☆を付けてくれた人がいた。

 

びっくりした。

 

暇人かよ。下らん僕の記事を読んで☆を付けるとか…。

 

でも、少し嬉しかったから、もっと増やせるようにがんばろうと思った。

 

おわり。